【コートヤード・バイ・マリオット名古屋】朝食が分かる宿泊ブログ24年版

☆このページにはプロモーションが含まれております。

どうも!こんにちは、みししっぴです!

【コートヤード・バイ・マリオット名古屋】で、穏やかな朝食のひとときを過ごしてみませんか?

天井が高く開放的な空間に広がる朝食のビュッフェには、新鮮な地元食材が華やかな彩りで並びます。目の前に広がる窓から差し込む朝日と共に、味覚と心を心地よい空間へと誘います。

朝食会場

シェフが目の前でウナギのオムレツを調理してくれるなど巧みな技が光るメニューもご用意されてます。忙しい朝の合間でも、旅行者やビジネスマンが心地よい時間を楽しめるよう、温かなおもてなしでお迎えいたします。

そんな【コートヤード・バイ・マリオット名古屋】のエリート特典・朝食の内容・お部屋の様子を紹介していきます。

ほな、いきましょう!

目次

チタンエリート特典

コートヤード・バイ・マリオット名古屋のエリート特典は他のコートヤードホテルと比べると見劣りしますね。

クラブランジはなく、朝食無料特典も用意されておりませんので、エリート特典目的での宿泊はオススメできないです。

チタンエリート特典 (1番から3番のうちどれか1つを選択)
1, ウェルカムポイント500ポイント
2, レストランでの1,000円クレジット
3, AからCのアメニティのうちより1つを選択
  A, Drink & Appetizer レストラン / The Loungeにて。
  B, スパークリングワイン or 赤ワイン or プレミアムジュース
  C, レストラン / The Loungeでのケーキセット
4, 朝食が2,000円で利用可能に。

ミシシッピ

朝食無料特典がないのは、残念です。

朝食無料特典はないですが、2,000円の特別価格で朝食ビュッフェを利用できます。通常価格は、3,700円ですのでお得にビュッフェを楽しむことは可能です。

今回、チタン特典はレストランでのケーキセットにしました!

1口だいの大きさのケーキが3つと飲み物が1つ無料でついてきます。小さくて可愛いいケーキです!

紅茶
ケーキ

他の会員エリートの特典も紹介しましょう!

ゴールドエリート特典(1から2番のうちどれか1つを選択)
1, ウェルカムポイント250ポイント
2, ローカルアメニティがもらえる

プラチナエリート特典(1番から3番のうちどれか1つを選択)
1, ウェルカムポイント500ポイント
2, レストランでの1,000円クレジット(1泊1名様毎)
3, 下記より1つのアメニティをAかBかを選択
A, Drink & Appetizer レストラン / The Loungeにて。
B, スパークリングワイン or 赤ワイン or プレミアムジュース

アンバサダーエリート特典(1番から3番のうちどれか1つを選択)
1, ウェルカムポイント500ポイント
2, レストランでの1,000円クレジット(1泊1名様毎)
3, 下記より1つのアメニティをAかBかを選択
A, Drink & Appetizer レストラン / The Loungeにて。
B, スパークリングワイン or 赤ワイン or プレミアムジュース
C, レストラン / CRUSTでのランチ

ミシシッピ

アンバサダーエリートのランチ特典が気になりますね!

名古屋が溢れる朝食の様子

コートヤード・バイ・マリオット名古屋の朝食は、メインタワー1階のレストラン「CRUST」で楽しむことができます。

レストラン
スクロールできます
レストラン名CRUST
朝食時間06:30 – 10:30
※最終入場は、10:00まで
料金大人(13歳以上)¥3,700
子供(6歳-12歳)¥1,800
朝食情報まとめ

落ち着いた雰囲気で店員さんもとてもフレンドリーで過ごしやすいレストランになります。

レストラン
レストラン

パンコーナー

まず、始めに紹介するのはパンコーナーです。

クロワッサンに力を入れており、フランス仕込みのクロワッサンが食べれます。一度トースターで温めてから食べるのがオススメ!

クロワッサン
クロワッサン
パン

色鮮やかなサラダコーナとお正月を感じる和食コーナー

サラダコーナーには、カラーフルーツトマトやベビーリーフなどがあり、こちらは名古屋の知多産になります。

トマト
サラダ
サーモン

和食コーナーには、かまぼこや伊達巻が用意されており、お正月を感じさせてくれます。

和食
焼き魚
和食

ドライフルーツやカットフルーツも美味しくいただけます。

ドライフルーツ
フルーツ

名古屋名物料理

名古屋の名物料理も用意されてます。

卵料理は、ぜひうなぎ入りオムレツを注文してみてください。蒲焼のタレで食べるウナギ入りのオムレツは絶品です!

オムレツ
オムレツ

コートヤード名古屋にも”きしめん”が用意されており、こちらはシェフがその場で茹でてくれます。

こちらのきしめんは普通のきしめんではなく、コンブ出汁とチキンの効いたスープでベトナム料理のフォー風のアレンジがされてます!

ミシシッピ

出汁だけでもおかわりしたかった!

きしめん

名古屋のフォーポイントホテルでは自分で”きしめん”を茹でるスタイルでした!そちらの記事はこちらから読んでみてください!

コートヤード・バイ・マリオット名古屋の客室

ホテル1階にロビーやレストラン、2階にはフィットネスジムがあるホテルになります。

スクロールできます
客室名広さ
デラックスルーム キング25m2
デラックスルーム キング ソファベッド25m2
デラックスルーム ツイン 2ダブル低層階28m2
プレミアムルーム ツイン 2ダブル上層階28m2
プレミアムルーム キング 28m2
コートヤードスイート キング、コーナールーム56m2
コートヤード・バイ・マリオット名古屋 客室紹介

宿泊した部屋はの様子

予約した部屋は、「デラックスルームキング ソファベット」でした。

キングベットが1台とソファーベットそして、丸テーブルがある部屋になります。

ベットルーム
ベットルーム

この部屋の作りは、フェアフィールドホテルととても似ておりました。コートヤードホテルは好きなホテルなのでもう少しコートヤードらしさがあれば良かったなと感じております。

ソファーベット
コーヒーアメニティ

年始に泊まったことが原因かもしれませんが、お部屋は結構汚れておりました。コンタクトレンズやカピカピのお米の食べ残しが床に落ちていたり、テーブルがベトベトしているなどちょっと残念です。

ミシシッピ

年始の忙しさで清掃が間に合ってなかったのかな?

水回りの紹介

水回りは、バスルーム(シャワーのみ)、洗面台、トイレがそれぞれ分かれている3点独立タイプです。シャワーはレインシャワータイプも備えておりお好みで使用できますね。

シャワールーム

コートヤード・バイ・マリオット名古屋のまとめ

朝食に出てくる「ウナギのオムレツ」と「きしめん」は絶対に食べていただきたい!これらを食べにくるだけでも宿泊する価値ありのホテルになります。

エリート会員特典が少なく、朝食無料特典がないのは残念ですが、そこは割り切って宿泊するしかないですね。

フロントやレストランの皆様の対応はめっちゃ気持ちの良い対応です!

名古屋中心でリーズナブルにマリオット系列ホテルに宿泊してみたい方は検討してみてください!

ホテルロビー
ホテルロビー

ほな、また!

☆今まで泊まったマリオット系列ホテルのレビューは、下から見てね☆

シェラトン沖縄の記事が1番オススメやで!!

日本🇯🇵マリオット系列ホテル宿泊年度
アロフトホテル大阪堂島2024年
ウェスティンホテル大阪2023年
ウェスティンホテルルスツ2023年
大阪マリオット都ホテル2023年
コートヤードホテル大阪本町2023年
コートヤードホテル新大阪2023年
コートヤードホテル名古屋2024年
コートヤードホテル白馬2022年
神戸ベイシェラトンホテル2023年
ザプリンス京都宝ヶ池2023年
JWマリオット奈良2024年
シェラトン沖縄2023年
シェラトン広島2023年
シェラトン都ホテル大阪2023年
セントレジスホテル大阪2022年
W大阪ホテル2022年
チャプター京都トリビュート2023年
名古屋マリオットアソシアホテル2024年
南紀白浜マリオットホテル2024年
フェアフィールド淡路島東浦2023年
フェアフィールド大阪難波2023年
フェアフィールド京丹波2023年
フェアフィールド北海道えにわ2023年
フォーポイント名古屋2024年
マリオットホテル琵琶湖2022年
マリオット都ホテル大阪2023年
モクシー大阪新梅田2024年
モクシー大阪本町2024年
モクシー京都二条2023年
ザ・リッツ・カールトン大阪2021年
マリオット系列ホテル宿泊記
海外のマリオットホテル宿泊年度
アロフトニューデリー2022年
コートヤードグルグラム2022年
JWマリオットデリー2022年
シェラトンニューデリー2022年
シェラトンモルディブ2022年
フォーポイントニューデリー2022年
メリディアングルガオン2022年
海外のマリオット宿泊記
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

人生で一番太っていた時の体重は、「106キロ」!
そこから根性とダンディハウスに通い、「75キロ」までダイエットに成功!
バラ色の人生が待ち構えていると思いきや、カレーまみれのインドに住むことに!
そこでジャンクフード生活を送り、「95キロ」までしっかりリバウンド!

再び、ダンディハウスにお世話になり、ダイエットの情報を発信するとともに、マリオット系列のホテルレビューも一緒に発信していきまっせ!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次